INFORMATION
↓クリックしてね↓

 


 

■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2020 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧

メンバーズBlog - 4月17日 御岳

4月17日 御岳

カテゴリ : 
いそっちからの山便り
執筆 : 
isoyama 2010-5-4 19:28

山行日時       2010/4/17        天気  霧のち晴れ (上部 地吹雪)

山   名       御岳、 王滝頂上 (2936m)

メンバー        Isoyama , Igai ,  Nakamori

コースタイム     八海山(8:45) 〜 田の原(10:40) 〜 王滝頂上(13:30〜13:45) 〜 

             田の原(15:10) 〜 八海山(15:45)

             登り  4時間45分     下り  2時間

 

季節はずれの寒波により新雪に覆われた御岳へ、八海山より田の原を経て剣が峰を目指しました。 

天候は回復し田の原を過ぎた辺りより快晴となりましたが、上部に登るほど強烈な、地吹雪に見舞われ

王滝頂上まで根性で登り、逃げ帰ってきました。樹林帯まで戻ると、今度は表面がバリバリのもなか雪

の洗礼?を受け転倒しまくりながら、田の原へ、そして無人のゲレンデを八海山へ。 

試練のダブルパンチでした。

 

 ガスのゲレンデをラッセル。                     田の原を進むと、突然ガスがはれ御岳が眼前に現れる。

  

 

 突風が吹き付ける中、黙々と登る。             稜線には雪煙が舞う、第一の試練の幕開け。

  

 

 地吹雪が舞う王滝頂上山荘に到着。氷滴が吹き付け顔面が凍り付く、シールを剥がす手の感覚は無くなる。

                              雪煙にかすむ頂上山荘より逃げながらも、しっかり楽しむ。

   

 

                    風は強いものの、パウダー 絶好のピステ。

   

 

 樹林帯近くまで降りてきました。 この後、第二の試練モナカ雪が待っていました。

                      試練を乗り越えゲレンデトップに戻る。中央アルプスも真っ白。

  

 

 誰もいないゲレンデを苦労しながらも、楽しく滑る。         八海山 いやー、疲れました。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/27
参照元
Vicodin withdrawal.2010-8-10 12:18
......more
Vicodin.
Vicodin.2010-8-9 19:33
......more
Vicodin.
Valtrex.2010-8-9 14:34
......more
Valtrex.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project