INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H25.4.1-H26.3.31  >  H26.3.29 猿が山 山スキー 水谷

犬山山岳会 山行報告書
猿ヶ山 
企画者
水谷
山名
猿ヶ山
標高差
 
山行形態
山スキー
山行期間
2014329日(土)
出発到着時刻
 400するすみ発 1600 するすみ着
天候
晴れ 
メンバー
水谷、磯山(L)、富田、西澤
交通
1
行動報告
 
 
620駐車場815 907mピーク900 1221mピーク1000 頂上1040滑降開始 1200スタート地点
所感
スタート地点へは予定通り到着、今のところ我々だけである。
道路は雪解け水がかなり流れており、20m程度雪の無い所を担いでからスキーを履く。川を渡ると林道を行く道と急登との選択になるが、リーダーは迷わず急登へと向う。急登の途中からはスキーでは登れなくなりスキーを担いで一部上がった。
 
急斜面を登りきると暫くは緩斜面が続くが、山頂直下は再び急斜面となる。
 
 
山頂に出ると360度のパノラマ、風もなくショベルでテーブルを作って久々に山頂でゆっくり休憩、昼食とコーヒータイムとなる。
 
 
30分ほど休憩して滑降へ、気温も上昇し雪もかなり重くなってきている。山頂直下の急斜面を下ると、登ってくる別の山スキーのパーティーと遭遇、富山のハイキングクラブとか、その後もご夫婦の山スキーヤー、単独のスノーシューの女性(70歳くらい?)もいらしていた。
 
 
 
 
4時間掛った登りもスキーの下りはあっという間、天候も崩れることなく穏やかな春スキーとなった。
 
 
 

 
プリンタ用画面
前
平成26年3月24日(月)烏帽子山個人山行報告書 富田
カテゴリートップ
報告H25.4.1-H26.3.31

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project