INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H26.4.6 十石山 山スキー 水谷

犬山山岳会 山行報告書
十石山 
企画者
水谷
山名
十石山
標高差
約1000m
山行形態
山スキー
山行期間
201446(日)
出発到着時刻
300するすみ発 1630 するすみ着
天候
曇り後雪
メンバー
水谷、磯山、西澤、I氏(会員外)
交通
1
行動報告
 
 
6:30スタート⇒10:20頂上⇒12:10下山完了
 
週末、寒さ振り返し天気が崩れる予報、午前中が勝負と3時集合。東海北陸道も雨から、雪に。だが、安房トンネル抜け登山口(白骨温泉の林道、除雪最終地点)に着いたときは、まずまずの天気でした。
6時半スタート
林道から尾根の取り付きまで、多少雪切れもあったが板履いたまま行けました。
 
樹林の尾根は、アイスバーンに新雪、急登。雪面から板がずれて逆送を余儀なくされ手こずりました。とはいえ、皆さん慣れてみえて、予定より早く10時20分到着。
途中からだんだんと雪がちらつくようになり、山頂はガス。

20分ほどで、さっさと滑りモードに、GPSで確認しながら樹林帯まで降り、11時に休憩しました。
樹林帯まで降りると、ガスも風もおさまり、一息つきランチ、エネルギー補給できました。
山頂からの雪質は、降ったばかりのふわふわ新雪…この時期とは思えないパウダー
樹林帯から登山口も、新雪がついていて、楽しく滑り降りました。
さすが、誰も転倒しないです。
 

12時10分、登山口下山。
出会ったパーティーは、1時間早くスタートの若い男2人組、山頂手前30分ですれ違う。
1時間遅れの6〜7人組、2人組、かなり遅れて単独 、おそらく山頂に行けなかったと思います。
下山後、雪はちらつき風も出始めた。平湯の森で雪見露天風呂を満喫、5時に犬山解散しました。
 
 
 
 

プリンタ用画面
前
H26.4.6 千葉山(例会山行) 林佐
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H26.04.06御在所本谷 日帰山行 野口

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project