INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H26.05.11 御岳(例会山行) 磯山

 

犬山山岳会 山行報告書
 
企画者:
I山、S井
山名
御嶽
山行形態
日帰り、雪山講習
山行期間
H26.5.11(日)
天候
快晴
メンバー
I山、S井、I井、I籐健、I籐紀、I葉、U保、K児、H理、T口、N森、N口、Y城
行動報告
田ノ原(駐車場手前約1km)〜 王滝頂上 ピストン
 5:00         犬山
 8:20 ~ 8:40    田ノ原(駐車場手前約1km)駐車地点
 9:00         田ノ原
10:00 ~ 10:30     7合目付近 (雪上歩行講習)
11:45 ~ 12:35   王滝頂上
14:00         田ノ原
14:20          駐車地点
18:30          犬山

 
メモ
八海山、2240スキー場に到着すると、「営八海山2240スキー場に到着すると、「営業は終了しました」の張り紙。
田ノ原への車道は通行止めとされているが、車幅分解放され通行を黙認していただける。
雪は少なくどんどん上部へ上がることができ、三笠山直下、田ノ原駐車場手前約1kmからのスタートとなる。
 
 
 
 7合目付近の斜度があるところで、雪上歩行技術を確認、アイゼンなしでのキックステップで斜登行、直登行。その後、アイゼンを装着しフラットフィッチング、斜度が増した場合の足の運び方、ピッケルを有効に使った2点支持による歩行等を説明し、王滝頂上への急斜面で実際に確認しながら登行。 折からの晴天、照り付ける日差しと急斜面に汗が噴き出す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 喘ぎながらも、王滝頂上着、予定時刻等から剣ヶ峰は止めてここまでとしランチタイム。
ひとときの休息と展望を堪能し下山開始。
 
 
 
 各自、プラプレート、ビニールシート、エアークッション、雨カッパ さまざまなスライダー用具を取り出し、適度に雪
が緩んだ急斜面を嬉々として滑り出す。登りの苦痛を忘れさせてくれたひととき。
 
 
 
 
 
 途中ビーコン捜索も行い、田ノ原から駐車地点へ戻り終了。
 
プリンタ用画面
前
H26.05.04 鎌ヶ岳 豊田
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H26.5.11 大御影山 日帰り 林延

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project