INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H26.7.6 御在所岳 中森

犬山山岳会 山行報告書  個人山行


山名 : 御在所岳

期日 : 2014年7月6日(日) 天気:曇り

山行形態 : 日帰り山行

メンバー : 安藤、伊賀井、磯山、西澤、野口、林(理)、中森

交通手段 : 車1台(ハイエース)

行動実績 

  4:30するすみ―6:10駐車場6:20―6:50藤内小屋―7:20藤内沢出合―

  8:20三ルンゼ―8:40スキー場―8:45本谷を下る―10:20御在所山の家―

  10:37駐車場―入浴(片岡温泉)―13:30するすみ

所感

  藤内沢を登って本谷を下る計画で、今にも降り出しそうな梅雨空の中、朝4時半に

  犬山を出発。

  蒼滝トンネルを越えた所の駐車場に着くとすでにたくさんの車が入っていた。

  藤内沢は本谷とはちょっと違う雰囲気で変化があり次はどんな所を登るのかとワクワク。

  水量も多く沢登りのようなところもあって面白い。岩や沢が大好きなN口さんは「楽しい!」を連発。

  急登の沢を必死で登って汗びっしょりになり、滑りやすい岩場では冷や汗をかき、

  沢の水がかかり、時折小雨も降って衣服はぐしょぐしょ。

  N澤さんを先頭にどんどん登っていくと8時20分、三ルんゼに到着。

  以前、冬に登った時はこの一帯は雪と氷に覆われていたが、今は沢のあちこちで

  『こあじさい』の花が咲いていた。

  8時40分、頂上を踏むのを止めてスキー場を通り抜け本谷へと向かう。

  本谷は危険個所には数か所ロープがかけられていたのでそれを利用し、

  持参したスリングやロープは出すことなく下りることが出来た。

  こういう山行は初めてのA藤さん、伊木山での岩登りの練習の成果でしょうか、

  岩場をスムーズに登られ、下りで足を打撲されても遅れることもなく10時40分、

  全員駐車場に到着しました。

  登山時間は短めでしたが、満腹になり笑顔で山行を終えることが出来ました。


 


 I井さんの青いザックのなかにはロープやヌンチャクなど装備がいっぱい入っています



 御在所をよく御存知のN澤さん、迷うことなく藤内沢を登って行きます



沢を直登できないところは巻いて登ります



水量が多く、沢登りをやっているような気分です



あちこちでこあじさいの花が咲いていました



藤内沢の上部です



本谷の下りです。上部の巨石がじゃまをして降りにくい。



どんどん下って、本谷もあとわずかです          写真の撮影・提供は野口さんです


 


 


 


  




 

プリンタ用画面
前
H26.6.29 岩倉川 沢登り 野口
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H26.7.6-7 富士山H

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project