INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H26.09.13〜14日 継母岳 可児

山行報告書                       報告者  可児

目的地  継母岳(2867m)御嶽山西部

期日   平成26年9月13日(土)・14日(日) 天候 晴れ

行程

13日19:00自宅発→22:00田ノ原駐車場着→04:45田ノ原駐車場発

→07:12剣ヶ峰着→07:34継母岳への分岐→08:15コル通過→08:48継母岳

→09:20コル通過→10:30継母岳への分岐→11:12大滝頂上→12:30田ノ原

駐車場着→16:40自宅着


コメント

1 継母岳は御嶽山の西部に位置し地図にも登山道の記載は無く詳細は不明。

2 継母岳への分岐路は一の池御鉢巡りの西端で地形図の県境より若干南だが標識は無いものの取り付き点はハッキリしている。

3 コルまでは至る所に岩に黄色の印が有るが踏み跡は連続していない。

4 コルまで280m程の下り、標高は2740m。

5 継母岳へは剣ヶ峰と継母岳を結ぶ稜線上をコルから120m程登る。

6 継母岳直下の70〜80mは岩の崩壊が激しくルート探しが難しい。

7 基本的に稜線より左側の大きな岩の折り重なった所を行き稜線に出ると右数メートル先に山頂の祠が有った。

8 帰りのルートの為に目印を置いて於いたので比較的安心して下りられた。

9 剣ヶ峰からコルまでは有ったペンキ印も登りでは殆ど無い。

10 剣ヶ峰から継母を結ぶ稜線は非常に広く見透視の悪い時はルートを見失う。



5時23分御嶽よりの日の出です。



今朝は寒かったと思ったら霜柱が立っていました。



7時過ぎの剣ヶ峰は未だ静かな山頂で御天気も最高です。



継母への分岐地点です標識は有りませんが右の棒杭が目印。



コルまではこんなペンキ印が頻繁でしたが継母への登路には有りません。



継母岳の山頂を目近で見ています、稜線より少し左から登ります。



山頂は誰も居ません記念撮影が出来ないのでザックで代用?石に書いた継 母



継母岳より南部を見ています。



継母岳より剣ヶ峰を見ています。



 

プリンタ用画面
前
H26/9/12~15 雲の平 報告書 MM
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H26.9.13~14 鹿島槍ヶ岳 林延

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project