INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H27.1.4 御前前峰 山スキー報告 水谷

 

犬山山岳会 山行報告書

報告者

水谷 雅代

山名

御前前峰(1735m)

標高差

 

山行形態

山スキー

山行期間

201514

出発到着時刻

1/4 830リフト乗車 1330 白弓ゲレンデ着

天候

メンバー

I山、N森、N澤、M谷

交通

1

行動報告

 

530犬山発⇒745ゲレンデ着⇒830スタート⇒1215 1735m地点⇒1330スタート地点着

所感

 

 5時半集合、早出したのでスキー渋滞に遭わず、7時45分、ゲレンデ着。

8時半のリフト開始に合わせて準備、軟弱な3人(?)はリフト乗車し、体力温存した。

健脚な磯山さんは、シール登行でゲレンデを逆走(お咎めなし)

春日井から来た先行の若者2人のパーテイに、ラッセルを委ねた。ラッセルは膝下程度。

40分めどで追い着いてからは、6人で交替しながらラッセルをした。

急登、樹林帯で木が邪魔になり、キックターンを何度も繰り返して1300地点で尾根に出た。

彼達は1620地点から、野々保谷にドロップイン、その先は、私達で1735を目指す。

1215分到着、ブランチ、滑走準備。風もなく暖かい。このピークは雪がのっかかった

大木が多々あり、蔵王のモンスター群に似ている。

1245分、お楽しみの滑走が始まる。

想像していた通りのパフパフ、激パウダーに、きゃーきゃーと叫びながら降りた。

板が浮き、雪が舞い、みんな楽しく酔いしれる。

滑走は、1500あたりまでは登りの尾根を滑ったが、滑りやすい谷を滑走することにした。

樹林帯なので雪崩の危険性は少ない、また、この谷が適度な斜度で、おまけにパフパフ。

ゲレンデトップの林道に降り、ゲレンデ滑走し終了。

天気は1日雪、雪まみれでウェアーはずぶ濡れ、即効で大白川道の駅で温泉入浴。

スキー帰りの高速渋滞にあって1時間ほど遅くなった。

プリンタ用画面
前
H27/1.2〜3 書写山 愛宕山 H
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H27.01.05 伊吹山 可児

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project