INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H26.4.1-H27.3.31  >  H27.2.8 大崩山 山スキー 磯山

 

犬山山岳会 山行報告書

 

企画者:

I山、

山名

大崩山(2530m)

山行形態

日帰り、山スキー

山行期間

H27.2.8(日)

天候

曇りのち雪

メンバー

I山、N澤、T田、B場

行動報告

R158久手牧場 〜 夫婦松 〜 大崩山 ピストン

 6:40      R158久手牧場発

8:30         夫婦松

10:45       大崩山    11:05

12:40           R158久手牧場

 

 登り 4時間5分   下り1時間35分

     

 

前日の天気予報では正午頃、寒冷前線が通過し下り坂。何とか午前中は持つのではないかと期待しつつ、曇り空の下スタート。

前日のトレースを辿りラッセルは無く、快調に第3尾根を登行。

しかし、第3尾根上部で雪がちらつき始め、左手の輝山もガスに覆われてくる。

予定通り2時間で夫婦松。風も出始めるが、これよりほとんど樹林帯の中、斜度も緩く

ピッチを上げる。

スカイラインから北西尾根北側の樹林帯に入ると、素晴らしい樹氷が迎えてくれる。

ここからは、トレースもほとんど消え、靴ラッセルで最後の登り。

頂上部に近づくと、雪、風ともに強まり、ガスで周囲の視界もない。

山頂は、尾根状で左側(平湯側)は絶壁の為、安全を期して山頂部の手前の一角で登頂とする。寒風吹きつける中、シールを剥がし滑走準備し、早々に山頂を後にする。

山頂直下の樹林帯で互いに写真、動画を撮影しつつ、絶好のパウダー斜面を堪能。

スカイラインから夫婦松、第3尾根へと雪の中、足早に滑り降りる。

最後、久手牧場の大斜面も豪快?に滑り、転倒しつつ、無事終了。

 

プリンタ用画面
前
H27.2.7 伊木山 クライミング K.A
カテゴリートップ
報告H26.4.1-H27.3.31
次
H27.2.14 三峰山 H

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project