山行報告書               犬山山岳会   可児

期日   平成29年8月27日(日)

行先   編笠山(2523.7m)

参加者  可児・玉置・清水・三浦

行程   05:30可児→08:00観音平→08:20観音平発→09:20雲海展望台

     (1880m)→11:38編笠山山頂→12:17山頂発→12:47青年小屋

     →13:06青年小屋発→14:12(2090m分岐)→14:45雲海展望台

     →15:31観音平→19:45可児

コメント

☆ネットの情報道理8時で既に駐車場(30〜50台)は満車で手前に路駐も有り。

☆初期はなだらかな道も山頂に近ずくに伴い大きな岩コロで乗り越えに難儀。

☆山頂は正に360°の展望で間近の赤岳・権現時々雲に隠れる富士山・南

 アルプス・北アルプスの槍・大キレットと、つい時間を過ごしてしまった。

☆青年小屋への下山も登り以上の岩コロで大変!登る気はしないな〜の声も。

☆下山では登山口まで後僅かの付近でⅯさんがアブと思われる昆虫に襲われ

 足・腕を6〜7か所刺され直ぐにポイズンリムーバで毒液を吸い出したり

 虫刺され薬を塗るが大層な腫れ様、どうやら黒いスパッツ・黒のアーム

 カバーの所を狙って刺した様で蜂等対策として黒い衣類は不可です。

☆交通費 高速道路料金往復 土岐⇔小淵沢5960円

     走行距離約 400キロ

     入浴は八峯苑鹿の湯 600円 モンベル会員は100円引き


余り広くも無い駐車場は既に一杯で道路脇に押し込んで何とか確保。



此処は雲海展望台見えるのは雲海だけ?富士山は見えないのかな。最初の休憩ポイント。



イワシャジン??間違って居たらゴメン。



上部に登るに従い大きな岩コロの道に成りヨイイショが出ます。



岩コロを乗り越え山頂に着きました風が爽やか〜です。



人懐っこいカミキリムシ君なかなか離れません、赤とんぼも沢山・タクサン飛んでます。



赤岳方面です、御天気の良さで時間を過ごしすぎました。



下りの岩コロは登り以上で20分のコースタイムをオーバー。でも晴れだから良かった!



遠い飲み屋の赤ちょうちんの青年小屋、遠い昔に来た時と変わらない雰囲気の小屋。



此れはもう秋の御天気大陸から涼しげな風を送ってきています。



今回の蜂だかアブのアクシデント遭遇したくないけどその時の為に装備したいですね。