犬山山岳会 山行報告書

山域;鈴鹿(個人山行)

企画者

林 延己子

山名

入道ヶ岳906.1

山行形態

日帰り

山行期間

2018年2月9日(金)

メンバー

可児、佐々木、林佐、林延

 

【行動】 犬山7:00…小牧IC…鈴鹿IC…椿神社p8:40〜階段8:50〜北尾根〜498ピーク9:50〜入道ヶ岳11:30/11:45〜二本松尾根〜二本松尾根登山口13:00〜椿神社p〜片岡温泉〜四日市IC…小牧IC…犬山

 

【感想】登山道には1から10の番号の付いた標識があります、450mからの下りが登山道が氷になっていたのでアイゼンを装着、750mまで急登が続きます。

800mからは少し緩やか登りでアセビのトンネルが900mの分技まで続きます。

900mの広いピークを過ぎると入道ヶ岳の頂上まで私の身長より高いアセビのトンネルです。神社から人には出合いませんでしたが頂上で大きなカメラを掛けたお二人組に会いました。無風の伊勢湾まで見える360°の展望の頂上で今日は暖かいねと言葉を交わしながらの昼食を楽しみました。下山は二本松尾根で展望を満喫しながらの下山でした。

下山後は椿神社でお参り、土日は混んでいるアクアイグニス片岡温泉ですが平日のため、空いた温泉、ケーキを食し、パンを購入して帰路に着きました。

心のリラックスのできた一日でした。   記;林延

今日は平日で椿大社の参拝者も少なく一番近い駐車場に停めれました。

右の鳥居の有る階段が北尾根方面、左の車道が二本松道からの林道

標高700m付近登山道に雪が繋がる様に成りました。

山頂が見えて来ました先に見える灌木は馬酔木の群生。

春の訪れを感じさせる麗らかな日差しの山頂。

青い空に真っ白な雪が映えますねやっぱり山はお天気次第!

お出掛けの楽しみの一つには御朱印集め此処は著名な椿大社で

平日にも拘わらず参拝者が有ります。

北尾根ルートは急登が多く3時間程掛かった。

高気圧に覆われた日本列島。申し分の無い御天気です。