犬山山岳会 山行報告書

 

企画者:

磯山

山名

猿ヶ馬場山(1875m

山行形態

山スキー 日帰りピストン

山行期間

H30.4.1(日)

天候

晴れ

メンバー

磯山、稲葉、西澤、富田、

行動報告

白川郷 萩町 〜 帰雲山 〜 猿ヶ馬場山 ピストン

 4:00   犬山

6:00 ~ 6:15  白川郷(せせらぎ駐車場) 

8:30   林道出合 

10:30  帰雲山

11:45 ~ 12:20  猿ヶ馬場山

14:50  白川郷 (せせらぎ駐車場)

18:10  犬山

  登り 5時間30分     下り 2時間30

連日の好天で雪解けがどこまで進んでいるか?と気をもみながら、早朝の閑散とした萩町から取り付きの神社裏へと向かう。林道を一段登った地点で除雪が終わりその先には一応、雪はある、半ば強引にスキーでの登行開始。

沢ルートに入ると雪もたっぷりで快適?にハイクアップ。 今シーズン山スキーデビューのIさん、大汗を掻きながらも懸命に頑張ります。

林道出合いまで登ると、朝日がさして暑さも加わりなかなかペースが上がらない。ブナの大木に癒され、時間にも余裕がある為、時が解決してくれるとスキーをすすめる。

帰雲山を巻き、猿ヶ馬場山への最後の登りの針葉樹林帯に入る。斜度は緩やかになるが、頂上は平坦部の一番先にあり、この辛い数百メートルをクリアして、萩町出発から5時間30分で到着。霞がかかっているが、白山をはじめ360°の展望を満喫。

ランチタイム、ドローン空撮による記念撮影、そして長い滑降開始。辛かった道中も、スキーはやはり速い。アツと言う間とは行かずも、2時間余りで、外国人が多く行きかう萩町に下山。観光客を掻き分けつり橋を渡り、せせらぎ駐車場に帰着。

好天に恵まれ、久し振りの長時間行動も満足の一日でした。

 

まだ駐車場には車もなく誰もいない萩町からスキーを背負ってスタート

  

 林道を上がると雪が出てきたが〜 -----------

 木立をかいくぐりぃー

  

尾根をトラバース気味に進む〜 良い感じになってきたぁ〜 滑るに悪くない積雪である

 

こまで上がればたいへん気持ちが良い 後方は野谷荘司〜三方岩〜笈、大笠の山々か

  

 Nさんのドローンで山頂記念撮影

 

ブナの快適な斜面を気持ちよく滑降

                        

           

 

猿ヶ馬場山トラック

 

トラック標高(駐車場→猿ケ馬場山頂→帰雲山→駐車場)