山行報告書 例会山行(2019年春の市民ハイキング下見)


【企画者】中森


【山名】上高地ハイキング


【期日】2018.11.11  天気:快晴


【メンバー】坂井、佐々木、清水、谷口、玉置、中森、西澤、野口、林え、林さ、三浦、矢野


【交通手段】自家用車2台、バス


【行程】6:00犬山―9:00あかんだな駐車場―9:20(バス)―9:50大正池―10:45穂高橋―10:55ウエストン碑


  ―11:15河童橋―12:10穂高神社 明神池13:03―13:09明神橋―13:15明神館―ビジターセンター―河童橋


  ―14:20バスターミナル―15:00あかんだな駐車場―16:00あかかぶの里―18:40犬山


【記録】



大正池の水面が鏡となって、穂高連峰がきれいに映りました



焼岳



大正池近くで


  


長い木道が続きます



 



田代湿原を通り抜けて橋を渡り梓川右岸へ。穂高橋からの風景。紅葉が終わっていたのが残念!



ウエストン碑。ウエストンは明治時代に日本各地の名峰を登り、上高地の嘉門次の案内で北アルプスの山に挑んだイギリス人宣教師です。



河童橋のあたり



小さな沢を何度か渡ります



嘉門次小屋。囲炉裏で焼いたイワナの塩焼きはここの名物。



穂高神社



明神一之池。穂高連峰からの伏流水や湧水を満々と湛えています



明神二之池。静かで神秘的、すばらしい景観です



 



明神橋を渡って梓川左岸へ。橋は15年前に架け替えられてまだ新しいです



明神館はもう閉鎖していました



そそり立つ明神岳をバックにして



上高地には野生のサルがたくさんいます



ビジターセンターに立ち寄り河童橋に戻りました


 


シャトルバスの運行は11月15日まで。終了間際でバスターミナルは閑散としていました



 


【感想】朝から雲一つないすばらしい天気に恵まれて、さわやかで快適な市民ハイキングの下見ができました。


 神秘的な大正池や明神池、雄大な穂高連峰、梓川の流れ、どこに行っても美しい景観があり、気持ちよかったで


 す。遊歩道は整備されていて歩きやすいですが、距離は思っていたより長く感じました。


 5月の市民ハイキングの時には山には残雪があり、早春の上高地は一層きれいではないかと期待しています。