INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H30.4.1-H31.3.31  >  H31.02.24 乗鞍岳山スキー 富田

犬山山岳会 山行報告書

個人山行

計画書/報告書

野口/富田

山名

乗鞍岳

山行形態

積雪期山スキー登山

山行期間

H30. 224日(日)日帰り

出発帰着時刻/場所

500出発、1830頃/犬山」

交通手段

自家用車(金)野口ハイエース)

参加メンバー

西澤、野口、富田、会員外1

行動記録

 

天候

晴、ほぼ無風

積雪状況

 昨年と比べてもたいへん少ない、道路はスキー場駐車場まで路面積雪も凍結もなし

 スキー場はコースには雪があるものの周囲は藪も多く出ている状況

 位ヶ原から上部も期待のフカフカ雪なし

行程経過(時刻は大略)

 (ハイクアップ)

835スキー場駐車場出発 スキーリフト乗り継ぎ 900 スキー場トップからハイクアップ開始 1120 位ヶ原(スカイライン出合い付近)→ 1250 肩の小屋下2700m付近休憩ザックデポ 1310 肩の小屋(シール&クトーオフ)

(滑降)

1320滑降開始 デポザック回収 1440ゲレンデトップ戻り→スキー場コース滑降→1440 駐車場戻り

 *ルートは後のトラック図参照

 

経過雑感

今年は積雪が極めて少ない模様であるがやはり乗鞍も少ない、この時期例年ならスキー場の周囲の林は雪に埋まり木々の枝も白くなっているのに黒々とした無雪期の風景で藪さえも出ている。

ゲレンデトップからハイクアップするが天気も良いせいか山スキー、ボード、スノーシュー、アイゼン歩行多くの登山者がいた。

スタート直後の急斜面で一人TLTトウピースの扱いの不慣れで幾度となく板が外れそのため再び下から登りなおしたりしてはからずも時間を浪費した。

位ヶ原までの林間も同様周囲の森は黒々の状況、ルート上にブッシュはでていないもののずっと降雪もなかったようで雪面はガリガリ状態、シールだけでは大変なので位ヶ原に至る前の斜面からはクトーを装着した。

位ヶ原に上がっても期待のフカフカはなく好天の日差しの下テカテカに光り輝いていた。肩の小屋への最後の急斜面始まるあたりで休憩兼ザックをデポしてシール袋だけの身軽で肩の小屋迄でそこから滑降に移った

  なるべく柔らかそうな雪面を選んで滑るがいたる所ガリガリ、氷結面が多くてターンすればガリガリ音と板が激しく振動するような状態で位ヶ原を降りた。

日差しがあるので気温が上がればザラメと期待したがこれもまたなかった。

それでもやはり穏やかの天気の下滑降は楽しい、しかしあっという間にゲレンデに出てしまい、スキー場コースを通り駐車場に戻って終了した。

 

位ヶ原までの林間ルート、前後に多くの登山者、木々は黒々

 

位ヶ原迄くれば絶景が広がる

しかしやっぱり少ない!ブッシュの頭も見え隠れ?

 

テカテカに広がるアイスバーン

 

定番!カップラーメン

 

滑降準備

 

GPSトラック図

 

 

 

プリンタ用画面
前
H31.2.24 乗鞍岳山スキー 野口
カテゴリートップ
報告H30.4.1-H31.3.31
次
H31.02.24 池田山  可児

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project