INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H25.4.1-H26.3.31  >  H26.3.15薙刀山 山スキー 富田

犬山山岳会 山行報告書
個人山行 
企画者
T田
山名
薙刀山
標高差
 
山行形態
山スキー
山行期間
2014年3月15日(土)
出発到着時刻
犬山4:45発 犬山16:300着
天候
曇り後小雪後晴れ
メンバー
T田他会員外1人
交通
自家用車1台
行動報告
* 経過時間大略*
07:30白山中居神社下駐車場出発⇒08:50和田山牧場跡⇒薙刀平⇒11:00頃(薙刀近くの野伏〜薙刀間稜線下付近)12:05滑降開始⇒12:50和田山牧場跡⇒14:20駐車場戻り
*途中に休憩あり
中居神社前駐車場には5,6台の駐車があったが人影は無かった、この付近所々青空の天気であったが石徹白川上流方向に望めるはずの薙刀はスッポリ雲の中の様子だった。
和田山牧場跡に向かう林道は初め数箇所雪が消えていてスキーを外さざるを得ないところがありこの時期としては雪が少ない様な気がする、林道から見える小白谷の向こうの尾根についている雪も少ないように見えた。
土曜日なのでもっと人がいるはずと思うが、一人二人のスノーシューらしきトレースがあるものの林道歩行中も和田山についてからも見える範囲には人影は無かった。
 和田山からはふわふわの積雪となっており良い調子と思ったが、小雪が降り出し視界も落ちてきて目的の薙刀は相変わらず雲の中で見えなかった。トレースはみな野伏に向かっているようで、和田山から薙刀方面へは人影はもちろんトレースも全くなく小雪が降り続いていたが、それほどの風がなかったのが幸いだった。
 面白く滑れそうな斜面を探しながら薙刀山頂手前の野伏と薙刀を結ぶ稜線を目指したが、稜線近くの急斜面になってくると雪面がガリガリになってきて氷化しているところも出てきて、相変わらず山頂方面深いガスの中にあったので、これでは山頂へ行っても面白くないしメンバー共に雪の薙刀山頂は経験しているので山頂こだわることもなしとして稜線近くの斜面に風除けの穴を掘りツエルトを風除けに張って、コーヒーを沸かしご飯とツナ缶のゴッチャ煮昼食で小一時間ゆっくり逗留した。
この逗留後帰路滑降に移ったがこの頃には雪も止み、ふわふわ雪があったせいか思いのほか楽しい滑降ができた。薙刀平付近まで下りてきたところで雲が切れて青空が出てきて野伏、薙刀山頂が望めるようになり、和田山では空は晴れ上がった。
ここで初めて小白山から願教寺までの石徹白の山の雪の稜線の眺めが堪能できた。
和田山付近にはテントが2張り、そして林道を降りる途中に登ってくる数組のスノーシューパーティ、2組ほどの山スキーパーティ、共に多人数のパーティに出会った、皆野伏を目指すとの事、やはり野伏は人気の山か?
 

 和田山薙刀平へ、ここで小雪が振り出し視界も悪くなる(前方は野伏ヶ岳、薙刀はすでに雲の中で眺めず)
 
帰路滑降、薙刀平手前近辺まで来て天気回復(初河山、芦倉山から大日方面まで展望できる)
プリンタ用画面
前
H26.3.16愛宕山〜音羽富士 三浦
カテゴリートップ
報告H25.4.1-H26.3.31
次
平成26年3月24日(月)烏帽子山個人山行報告書 富田

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project