INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H27.4.1-H28.3.31  >  H27.6.24 芦別岳 富良野西岳 M

(・(エ)・)(・(エ)・)(・(エ)・)

犬山山岳会報告書 ☆北海道女子会山行No2

    遠征個人山行

メンバー

  会員 他 4名  

山 名

4日*芦別岳1726m  富良野西岳1331m   

山行形態

   24日*往復 

山行期間

2015624(水) 小雨/曇り/晴  

 

Time

 

 

 

4日*温泉〜山部登山口 615〜半月山920〜芦別岳1120〜半月山1220〜登山口〜山部登山口1440

630富田ファーム〜北の国からロケ地〜940富良野RPW10001135富良野西岳1145〜富良野RPW13101430山部登山口合流1500〜青い池1600〜吹上温泉泊1700

富良野西岳 RPW料金1710円  

 

山のつぶやき

24日:芦別岳@200(M&I)  

宿泊地〜富良野経由で国道237から数キロ、1時間ちょっとで登山口に着いた。 すぐ横にキャンプ施設がある。駐車場は広く、ワゴン車の先客あり、登山ポストを見ると、1時間前に8名の入山。 スタート時点では、曇りで山はガス、天気は昼から晴れの予報で期待しながら登ることにした。 登山口には、旧道が荒れて危険との警告案内あり。 登山道は前日の雨で濡れ、最初の1時間ほどは急坂が続いた、半月山からガスも引きはじめ、緩やかな登りになった。 半月山までは、新緑とオオカメ、終わりかけたヨツバツツジ、半月山の下の湿地に水芭蕉、山頂にかけて、シラネアオイの群生が延々と続いた。これだけ長い距離のシラネアオイは初めてで、株が大きく大輪で色も艶やかで感動した。 他、ハイサンイチゲ、キンバイ、チドリ、ショウジョウバカマ、ヤマザクラが咲いていた。 山頂に向かう尾根は、雪渓の残る急峻な谷、切り立つ岩稜をみながら登り、北アルプスや裏剣に似た感じである。 山頂では、1時間前に出発したパーティに合流、札幌発のガイドツアー、全員女性。ガイドの方に北海道の山情報など聞きながら過ごした。南方の山並、富良野の平野が展望できたが、十勝や大雪の山頂はガスが引かなかったのが残念。 下山は、女性10名、ほとんど同時進行で下山。 熊の糞が一か所あった。 ニアミス(@_@;) M

 

  芦別岳登山口                        トタン板の略図

 

  山部駅前の大看板                     芦別@200 山頂です!!    

 

 シラネアオイ(ダウンロード)            ツクモグサ:絶滅危惧種(ダウンロード)               

  

 雨は止んで良かった〜               熊との遭遇、間一髪(ー_ー)!! 

                 そこら中に居るヒグマ! オス 7歳 女が好き♡

富良野西岳(N&M)

晴の予報が小雨&ガス、芦別はマップタイム8時間、濡れたくない二人は富良野観光、有名な富田ファーム、北の国からのロケ地を歩く。午後から天候回復の兆し、芦別のお隣 夕張山系最北端の富良野西岳はお手軽な山とMちゃんが教えて下さりそちらへ行く事に、RPW入口で団体さん25名と一諸になり、1割安く乗る。RPWのお兄さんが熊は毎日の様に見ます。そういう場所へ入山しているという事です!と話され気が引き締まる。マイズルソウの群落、ハクサンチドリ、エゾノリュウキンカ、エゾグンナイフウロ、他々とても花が多く、ガスが晴れ眼科には富良野の田園風景が眺められました♪山頂は岩がさざれ石の様で恰好良く、きれいな歩き易い誰でも楽しめる山でした。 自宅にて調べたところ、富良野西岳は北海道百名山!下から登っても面白そうな山です(#^.^#) H

 

 富良野メロン街道                   ジューンベリー

 

 観光地ですね、とても綺麗です。         富良野と言えばラベンダー 

 

 北の国からロケ地                富良野西岳はプリンスの敷地から入山します♪  

  

  タニウツギ             ツバメオモト          ギョウジャニンニク

 

  エゾリュウキンカ                    ヤッホー 富良野西岳山頂

 

 RPW駅舎、眼科に富良野田園風景が・・・   エゾグンナイフウロ、何とも言えないブルーでした☆

 

「死ぬまでに行きたい!日本の絶景No.1」 美瑛の青い池  アップル社の広告(冬)で使用され有名になった。

 

プリンタ用画面
前
H27.6.20~21 岳連確保講習会 YI
カテゴリートップ
報告H27.4.1-H28.3.31
次
H27.6.28 八曽 黒平山 YI

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project