INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H27.4.1-H28.3.31  >  H27.7.26 神崎川本流 沢登り K.N

.
犬山山岳会 山行報告書  
企画者 K.N  
沢名 神崎川(本流〜天狗滝)
山行形態 沢登り
日程 平成27年7月26日(日)
天候 曇り〜晴れ
移動 ハイエース
メンバー K.N
コースタイム 6:00自宅〜7:30駐車場〜自転車8:00入渓地点〜神崎川〜10:30天狗滝付近11:00
〜1:00堰堤〜1:30駐車場
 
 
 連日の猛暑で辛抱たまらず神崎川へ行くことに、急な計画なので単独となるが滑落するほどの大滝は、
ないため、慎重な行動を心がける。
恒例の30分のバイク漕ぎが今日一番の核心となった。
 
 堰堤の入渓地点から沢に下りると、若干水量は多め、でも天気抜群でちょうど良い感じでスタート。
車はたくさんあったが、人の気配は全くなしでしたが、S字滝で先行パーティー(大阪の山岳会)に追いつく、
しばらくいい感じの距離をとって進む。
 
つめかり出合いでは渓流釣りの人たちと雑談。
天狗滝間際では駐車場で会った三重のアルパインクラブの団体がいきなり合流、フェンスが開けられず
ずっと林道を歩いてきたそうだ、しょうがないので天狗まで登山道で行き沢下りするそうです。
 
 天狗についてしばらくマッタリ独り占め、しばらくすると天狗の上から先ほどの人たちが声掛け手を振ってくれた。
去年は天狗の滝つぼがかなり砂利で埋まっていたが今年は深く復活していた。
水量も多く3度トライしてみたが3mほど迄しか近ずけず撤退。
 
下りは水の流れに身を任せ40?位あれば殆ど泳いで(流されて)いました。
S字滝付近まで戻ると会社の同僚グループやガイド付きの体験やら賑やかになる。
外人のガイドと話していると下物凄いよって、S字滝にでるとそこは市営プール状態(楽しそう)
真中を失礼してエメラルドグリーンの堰堤に戻る。

夏はやっぱり沢登りが一番楽しいです。みなさん参加してみてくださ〜い。

今日一番きつかった〜

静まりかえった堰堤

水量多く迫力満点

釜泳ぎま〜す

滝壺も復活した天狗滝、今回は撤退。

天気ヨシ!水ヨシ!

ずっと独りだったのにいきなりの賑やかさ

プリンタ用画面
前
H27.7.25 三ノ沢岳 K
カテゴリートップ
報告H27.4.1-H28.3.31
次
H27.7.25~26 五竜岳 鹿島槍ヶ岳 爺ヶ岳 YB

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project