INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H27.4.1-H28.3.31  >  H27.9.12~13 餓鬼岳〜東沢岳 RK

 

犬山山岳会報告書 

    個人山行

メンバー

  会員 他 4

山 名

   餓鬼岳2647m@200〜東沢岳2497m (大町市)

山行形態

   無雪期縦走

山行期間

2015912 晴〜13/

 

Time

 

12(土) 4:00小牧東IC→安曇野IC705白沢駐車場発7:307:45白沢登山口→9:55最終水場→12:20大凪山12:4514:40百曲り→餓鬼岳小屋着16:00

13(日) 5:35餓鬼岳小屋→5:40餓鬼岳→5:55餓鬼岳小屋6:007:10中沢岳(剣ズリ) →7:30小ピーク→8:40東沢岳→9:30東沢乗越9:5010:10分岐→11:40昼食 →13:05ブナ平→14:10中房温泉着、―M車→白沢駐車場→安曇野IC→小牧東IC20:00

小牧⇔白沢430km  ETC6420円  中房700

 

山のつぶやき 「よくきた餓鬼岳」 

行きたくても中々山へいけずだったけど・・今回、餓鬼岳へ行くことになり当日まで楽しみでいっぱいでした。歩けるか不安もありましたが…沢沿いは気持ち良く水の音に癒され元気をもらい、稜線の岩場ではアルプスの景色を満喫し山のスリルを味わいとにかく楽しい♪一人では絶対めげてしまいそうだけど、仲間と歩くことで励まされ、よりいっそう楽しい山歩きになりました。 餓鬼岳〜東沢岳まではできればヘルメットを着用した方が良いと思います。 安曇野住みのMさんが中房迄、迎えに来て下さり白沢迄、送ってくれた。岩トレで疲れた後なのに、本当に有難うございました。感謝感謝!仲間の有難さを実感しました(^^)/ RK

白沢登山口から花崗岩の白い白沢渓沿いに約200桟橋、梯子を渡り歩き狭い登山道を進む、魚止の滝を眺め、最終水場迄そこからは急登をゆっくり登る。思ってはいたが長くハードな1日であった。餓鬼岳小屋は夕食が美味しく宿泊客14人と空いており、ゆっくりできた。朝晩はかなり冷えるので毛布2枚と布団を着てぐっすり眠る。 翌日は餓鬼岳に登り、高瀬ダム湖、正面は鷲羽岳、野口五郎岳、烏帽子岳の裏銀座コースの展望を堪能する。一旦小屋に戻り、中沢岳(剣ズリ)〜東沢岳と岩稜地帯を慎重に歩く。怖い所もあったが梯子、鎖等非常に変化があって登りがいのある稜線歩きであった。分岐から中房温泉へ下る東沢道は、急坂を下り西沢へ出ると倒木が道を塞いでいたり、崩落で道が分かりにくくなっている所が数カ所ある。そして先日の雨で水量が多く、数カ所の渡渉に難渋した。このため浸食が進めば数年後、廃道になるのではないか?との事である。やっとの事で中房温泉にたどり着き温泉に入って一息ついた。ハードであったが、変化に富んで楽しい登山であった。YI

  

 

 

 

プリンタ用画面
前
H27.9.12 荒島岳 NI
カテゴリートップ
報告H27.4.1-H28.3.31
次
H27 9月13日藤内壁報告書 安藤

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project