INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H27.4.1-H28.3.31  >  H27.9.23 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根 YB

 

犬山山岳会  山行報告書 

個人山行

メンバー

 Y.B単独 

山名

甲斐駒ケ岳  黒戸尾根  2,967

山行形態

   無雪期山行 (日帰り)

山行期間

2015923()

天候

   晴れ

Time

9/22() 尾白渓谷駐車場車中泊PM10:00

9/23() 出発AM05:10〜横手分岐AM6:25〜刃利天狗AM07:30(AM7:35)〜合目AM8:00〜七丈小屋AM08:30(AM8:40)甲斐駒ケ岳山頂着AM09:50(AM10:35)〜七丈小屋AM11:40(AM11:50出発)五合目PM12:15〜刃利天狗PM12:40〜横手分岐PM13:35(PM13:45)尾白渓谷駐車場着PM14:45

コメント

暗闇をヘッデンで歩くのが苦手な為、暗い中誰か歩き始めないかと10分程度待つが、タイミングが合わず結局一人で歩き始める。五合目までは比較的歩き易い登山道だが、自分的には横手分岐〜刃利天狗までの熊笹の樹林帯の雰囲気が嫌いで苦手。 五合目より先は梯子が多く濡れている時はスリップ注意と感じる、七丈小屋から山頂までは岩場の急登が増え、黒戸尾根が自分に挑んで来ているみたいに勝手に感じて登るのが楽しくなって来る。 山頂には連休最終日と言う事もあって多くの登山者で賑わっていた、北沢峠からの登山者8割、竹宇駒からの登山者2割と言った感じ。 天気も良く空を見ながらおにぎりを食べ、岩の上でまったりと体を伸ばして寝そべる。正面に見える鳳凰三山やその後方の富士山が大きく見えてとても良い感じだった。 下山はいつもの事ながら慎重にストックを使い、スリップと膝への衝撃を極力少なくして下りる、特に危険箇所は無いがやはり登り同様に鎖場、梯子、木製階段でのスリップ注意かと思う。あとはトレランの人が多くいきなり後ろに現れるので、その都度ビビッて声を出してしまう自分が恥ずかしかった(笑) 五合目から上部は、積雪期は中々難儀でいやらしい箇所が多いなぁと感じた。 七丈小屋 水100円 トイレ200円

 

   尾白川                         横手分岐

 

   刃利天狗                       ログハウスの七丈第2小屋 

 

   鎖場                          鳳凰と富士山 

  

  甲斐駒山頂                最後の吊り橋    

 

     

 

プリンタ用画面
前
H27 9月22日 常念岳報告書 KA
カテゴリートップ
報告H27.4.1-H28.3.31
次
H27.9.15 沢上谷 K.T

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project