INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H27.4.1-H28.3.31  >  H27.10.21〜23 谷川岳・武尊山 群馬県 YK

犬山山岳会山行報告書                      YK

期日    平成27年10月21日〜23日 天候  曇り

山名    谷川岳(1963.7m)武尊山(2158.3m)群馬県

参加者   YK・会員外MF・TK・KI

行程

可児10:00→水上宿泊地16:30


22日西酥根登山口駐車場06:00→同所発06:20→厳剛新道出会09:14→肩の小屋

10:50→谷川岳山頂11:20→肩の小屋12:05→熊穴沢避難小屋13:09→田尻尾根分岐13:50→登山口駐車場15:00→武尊山登山口駐車場17:30


23日登山口発06:20→林道から登山道へ07:14→手小屋沢避難小屋08:25→武尊山

10:25→同所発10:46→剣ヶ峰山11:55→1500m地点沢渡渉箇所13:35→林道から登山道分岐14:07→駐車場14:40→同所発15:30→可児21:30


コメント

1西酥根を登り始めた頃より上空は黒く、風も少し有り小雨模様の嫌な雰囲気。

2マチガ沢ルート出合い付近より岩場のルートと成り、滑りやす蛇紋岩が濡れて居て尚更

 滑りやすく慎重に鎖場を幾つも越えて行く。

3展望は数十メートルだが思いの外風も無く時折薄日も射しホットする。

4私達が山頂に着く頃にはロープウエーからの登山者も有って平日なのに結構な賑わい。

5下山は安全の為に西酥根を敬遠してロープウエー脇の田尻尾根を下る。

6翌23日は武尊山は武尊神社登山口より、登山口は水洗トイレも設置されソーラ灯も有る。

7稜線の1900m付近より岩場と成り鎖の下がった箇所が4〜5か所続き濡れた岩・泥の付

 いた靴で登りにくい事此の上無、昨夜の小雨が上がったのは良かったが苦労させられる。

8山頂では待っていた様に晴れ周囲の展望も開ける。

9武尊山〜剣ヶ峰山までは穏やかな起伏を繰り返し標高を下げるが剣ヶ峰山からは標高差

 300m程急下降で木の枝や根っこに掴まりながら泥濘の道を降りる。其の為か思ったより

 時間を要し、登りの鎖場と下りの急下降には閉口、お勧め出来るルートでは無い。

10沢渡渉部の1500m付近からは緩やかな道でコースタイムより早く進む。

11交通費  高速道路料金 17950円 走行距離約920キロ 駐車料金 500円

 日帰り入浴 湯テルメ谷川470円(露天風呂使用不可の為-100円)☎0278-72-2619



西酥根登山口。手前に登山者指導所が有り計画書投函ポストが有ります。



紅葉は1200メートル付近が一番良いようです。



山頂はガスの中で50m先が見えるか?程度でも風・雨は無く良かった。



天神尾根から見た西酥根、一時山頂の見えた時も有りました。



ロープウエーと平行するように延びる田尻尾根を下って居ます、道は悪く有りません。



武尊山の手小屋沢避難小屋です。避難小屋と言うよりカプセル??



1900m付近より岩場が幾つも続きます。雨上がりと靴の泥で滑りやすい。



私達の到着を待って居たかの様に晴れ間が広がりました。




 


 

プリンタ用画面
前
H27.10.15-18 しまなみ海道サイクリング&石鎚山&剣山  NI
カテゴリートップ
報告H27.4.1-H28.3.31
次
H27.10.24 三方崩山 EH

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project