INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H28.4.1-H29.3.31  >  H28.04.23(土) 笙が岳 養老山地 YK

山行報告書                    犬山山岳会  YK

期日    平成28年04月23日(土)

目的地   笙が岳 (908m)養老山地

天候    曇り一時晴れ

参加者   YK・YI

行程

犬山06:00→養老駐車場07:30→養老駐車場発07:50→栗の木平(500m付近林道出会い)08:27→牧場跡(740m)09:11→大洞登山口・笙が岳方面分岐地09:36→笙が岳

10:20→笙が岳発10:38→大洞登山口・笙が岳分岐11:10→牧場跡11:28→栗の木平

12:00→養老駐車場12:30→犬山着15:00

コメント

1駐車場から少し戻り500m程林道を登ると神社が有り其処の裏手より尾根を登る。


 標高差170mで 通常の登山道では無いので比較的急登で林道をのんびり行った方が


 良かったかも?

2牧場跡までは林道歩きだが荒れて居る。道標は分岐地点に有るが目的地の表示が無い

 場合も有り地図で確認の必要が有る。

3大洞登山口・笙が岳の分岐を越えてからの沢沿いの道以降は崩落場所も有り要注意。

4あまり人の来る山では無い様で行き帰りで会った登山者は計7人位の2組。


5笙が岳では3月4日に愛知県の男性二人組が道に迷い一人は下山したがもう一人は行方


 不明のまま5日の午後から6日の昼までの捜索で手がかり無としてが打ち切られて居ます。


 其の後20日に成って遺体で発見されて居ます低山程道迷いが起きやすい事も有ります、


 何時も現在位置を認識して歩くことが必要ですね。 



此の神社の裏手より尾根に取り付き登りましたが急斜面・岩場で林道より早かったか


疑問帰りは安全も考えて林道で帰りました。



此の沢合流地点から笙が岳方面へ行きますが標識には書いて有りません。


後から誰かが付けた表示が有るだけ。



此の沢を渡ると尾根の周りを廻るように徐々に高度を揚げ笙が岳の鞍部。



標高800m付近より彼方此方に咲いて居ました下界より1月遅いです、花は皆小さめ


のカタクリです。



山頂は雑木に囲まれて居ますが木立の間からは展望も。



皆さんご存知の養老の滝です数日前の雨の為か水量は多そうです。


 


 

プリンタ用画面
前
H28.4.23 乗鞍岳報告書 Y.B
カテゴリートップ
報告H28.4.1-H29.3.31
次
H28.4.23〜24 毛無山@200 H

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project