INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H29.4.1-H30.3.31  >  H29.04.02 貝月山  可児

山行報告                犬山山岳会  可児

期日    平成29年4月2日

行先    貝月山(1234.2m)西濃

参加者   可児・清水・佐々木・〇田

天候    晴れ

行程

06:25鵜沼→07:55貝月スキー場→08:15同所発→09:15稜線(840m)

→11:13小貝月着→11:42同所発→12:56支尾根分岐(840m)→13:40

貝月スキー場→13:50同所発→17:00鵜沼着

コメント

☆駐車場で準備中に1組の男女がゲレンデを登って行く。

☆我々は林道から行くが腐り雪だがズッボ・ズッボと沈む例年に無く雪が多い。

☆ほぼ予定の時間で稜線に立つ、日の当たる場所は地肌の見えて居る所も有る。

☆北西風で稜線東斜面を通る登山道は雪で潰れて居て稜線上に登り返して行く箇所も有り今年の積雪の多さを知らされる。

☆小貝月で11時過ぎと成り貝月までは12時まで掛かっても行けないだろうと

 今回は此処までとする。

☆先行の2人は此処より少し行くが引き返してくる。帰りに3人ずれが来て今日の入山者は我々を含めて9名だった。

☆走行距離132キロ  道の駅藤橋の湯JAF割引で410円


樹林帯の日陰になる支尾根は雪で一杯でしたが日の当たる稜線は地肌が出て居ます。



暫く行くと全面雪で雪庇も出来て居ます。足跡も僅か。



小貝月で昼食タイム無雪期なら2〜3メートルの藪山に成って居ますが今年は全て


此の雪の下です。余りの好天に汗を拭いてからの休憩!



遠くに貝月山の展望台が見えます無雪期なら30分程の行程ですが今回はトレースも無く


無理。雪の山を十分楽しめました。



昨年は2月に50センチも無い位でしたが今年は格段に多く有りました。



南東海上に寒冷前線を伴った低気圧が有り大陸から寒気が入って居てお天気が不安定


との予報だったが2日の御天気は当地では安定して居た。

プリンタ用画面
前
H29.04.09 御在所岳 野口
カテゴリートップ
報告H29.4.1-H30.3.31
次
H30.2.24 愛知県山岳連盟 雪山講習会 馬場

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project