INFORMATION
↓クリックしてね↓

 


 

検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告R2.4.1-R3.3.31  >  R3.2.7 御在所藤内沢 西澤

 参加者:富田、野口、稲葉、増田、佐々木、矢野、清水、西澤

5:30小牧⇒6:45スカイライン冬季閉鎖ゲート⇒7:40藤内小屋⇒8:30藤内沢出会

⇒11:15山頂レストラン⇒12:00下山開始⇒14:10スカイライン冬季閉鎖ゲート

朝5:30に小牧を出発し途中大山田PAにてトイレ休憩、菰野ICに向かうと周辺も明るくなってきて目指す御在所岳が正面に見えてきたが、稜線は思ったほど白くなく積雪が少ないように見受ける。社外の気温も7度とこの時期としては異常に高い。
冬の藤内沢はほぼ隔年で計画しているのでもう五回目くらいになるかと思います。雪の無い時期にも何度か来ていますが、雪の無い時期は岩登りの要素がありますので岩登りが得意でない方には困難なコースとなっています。しかし、冬の時期は沢が吹き溜まりとなり、大量の積雪により岩は埋まり雪の斜面登りとなります。積雪の無い時期には大きな段差がありますが、大量の積雪により段差は埋まって、装備があれば初心者でも連れていける状態となるのが常でした。今年は昨年とは打って変わって年末あたりから大雪に見舞われたので、積雪は問題ないレベルと思っていたが今回予想以上に積雪が少なく、ハイレベルの山になってしまった。

7時前には鈴鹿スカイラインの冬季閉鎖ゲートに到着し、既に十数台の車が駐車していて駐車スペースも残り少ない状態であった。入山準備を進めるが周辺には積雪は皆無で寒さも全く感じなく例年とは全く様相が異なっている。スカイラインをしばらく登行してスカイラインから裏道へ入るが、コンクリートで舗装されったこの斜面は例年凍り付いて滑るので例年ならおっかんびっくりで登るところであるが今回は全くドライで何の不安もない。ようやく周辺に積雪が見え出したのは藤内小屋から少し手前の付近からであった。例年であればここでアイゼンを装着するが、今年は積雪はちらほらで、歩行面には積雪は皆無、高度を上げれば積雪は増えるとは思われるが積雪不足の不安もも過る。藤内沢の入り口にあたる五合目付近の藤内壁出会いに到着するが、積雪が少な過ぎる。岩や河原の石の上に積雪はあるものの、アイゼンがしっかり効くほどの積雪量ではなく、この程度の積雪量では安定感が十分確保できす、いつもより慎重な行動が要求される状態である。ここから一般道を外れるが、少し上がってみて無理そうであれば裏道に変更する事もできるので取り敢えず歩を進める。

二ルンゼ入り口付近でも積雪は少なく、岩の斜面は積雪ではなく氷の斜面になっており、この辺りも例年とは様相が異なる。氷の斜面では初心者の方々には上からロープを下ろして確保しながらサポートを行う。

高度を上げるに連れ積雪は増えるものの例年と比較すると圧倒的に積雪が少ない、二ルンゼでは2個所大きな断崖があり、積雪の多い年はこの断崖も雪で埋まり、積雪により断崖の段差が埋まり、容易に超えることができるが、今年は極端な積雪不測で断崖が埋まっておらず、登攀を強いられる。

1段目の断崖はロープ確保でクリアできたが、2段目の段差は全面が氷の壁となっており、踏み跡もなくみなさん夏道で迂回しているようなので、我々も迂回道に向かう。迂回道は岩が崩れやすい斜面ではあるが、凍り付いていることもあり、夏に比べると安定感はあるが、夏に比較すると装備が増えているのでその分は慎重を要する。

迂回道をクリアすると漸く積雪量も増してきて岩の上ではなく雪の上をアイゼン歩行できる状態となってきた。三ルンゼに入ると例年ほどではないものの積雪も十分な量となり歩きやすい状態となっている。

ナイアガラではいつものようにアイスクライミングをやっているが、例年よりは人数も少ない様であった。

積雪不足で難易度の高い山行となってしまったが、初心者の方々も無事山頂レストランに到着し自信にもつながった様である。
山頂レストランは営業しており、名物の御在所カレーうどんを堪能し、しっかり体を休めることができる。
下りは裏道を降りるが、積雪量が例年より少ないアイゼンを装着するか迷うところであり、半数の方が装着を選択した。我々は裏道を下るが、裏道を登ってくる方が絶えない。この時間からの登りとなると下りはロープウェイ使用と推察される

 

 

 https://www.facebook.com/kazuhito.noguti/posts/3797458067036455?__cft__[0]=AZXA99Os6EBuXgU_3GsQGHc-yR5Q0ayuFr50xGE5zY1dfOo6_HvkkJTnPkrv-bGXfdTTuAPRuChTBHdnDAIk2z1dsDMKsiSeEIGyXDO1mvDgU4nieg9B1JJAZIdbBnYx0n39JnibPg7Q3yE5qdpPkyrfse12iTH_QYgBDsKMSXsvNpyOY5SgakRyRmYYuCODWeMWdg0bL3NX2f_DE5J5dhbF&__tn__=-UK-R

 

 

プリンタ用画面
前
R3.2.21 赤岳主稜 増田
カテゴリートップ
報告R2.4.1-R3.3.31
次
R3.1.31 スキー教室 西澤

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project