INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H23.4.1-H24.3.31  >  3/11 御岳山スキー

犬山山岳会 山行報告書
山スキー
御嶽山
企画者
伊賀井
山名
御嶽山
山行形態
山スキー
山行期間
2012年3月11日(日)
出発到着時刻
4:50犬山出発 – 20:20犬山着
天候
晴れ後雪
メンバー
伊賀井・西澤・会員外1名
交通
ハイエース(伊賀井)
行動報告
 
7:20おんたけ2240スキー場⇒8:40リフト終点・山スキーでの登行開始⇒12:00王滝頂上⇒12:30スキー開始⇒14:20スキー場駐車場
所感
御岳までのアプローチは曇天であったが、スキー場への道を車で高度を上げていくと雲海を突き抜け、スキー場周辺から臨む今日の目的地である御岳山は雲一つ無い雄大なシルエットを現していた。トイレを済ませて日焼け止めをしっかり塗りこみ早速リフトを乗り継いでリフト終点へ向う。リフトからは西穂から前穂まで穂高周辺の山並もくっきり、ダイヤモンドダストもちらほら、樹氷も風上に向って見事に成長しています。
 

田の原では先行者が既に数名おり、お互いに激励!、シールを取り付け登行開始、先行者のトレースは有り難い。森林限界を過ぎると徐々に傾斜がきつくなりはじめ、シグザグ登行になってくるが、バーンも広く折り返しもそれほど苦にはならなかった。但し、アイスバーンも斑に現れ気をつけて登る必要があります。
頂上に近づくに連れてペースもやや落ちましたが、正午過ぎには全員王滝頂上に到着、約3時間半の登行となりました。
 
 
登行の途中は雲ひとつ無い好天に恵まれましたが、王滝頂上で小休止している間に突然雲に覆われ太陽はそれっきりとなってしまった。シールを外して滑降開始、雪質は雪の結晶を細かくすり潰した粉が溜まって、まるで片栗粉の様な感じで、スキーは潜り込むが細かい氷の粒には隙間が無く非常に重くて板のコントロールが難しい。
 
 
更に斑模様で現れるアイスバーンにも気をつけながら降りるが、真っ白の斜面に曇天でバーンの起伏が殆ど読めずおっかなびっくり、スキー経験の浅い会員外のIさんはターンの後の切換しが出来ず何度も転倒、更に起伏の見えないバーンでの滑りで平衡感覚がつかめず車酔い状態にまでなってしまった。
森林のあるところまで降りてきたところで、木の少ないバーンを求めて一旦は谷へ入り込み、しばらく行くと突然真っ白の雷鳥がお目見え、雷鳥との出会いはラッキーでしたが谷は段差の厳しいところがあり諦めて薮漕ぎで登山道へ引返し田の原へ戻った。スキー場を滑って駐車場に到着した頃には雪が本降りになるくらいとなり、午前中の雲ひとつ無い快晴が嘘の様に感じられた。今回は厳しい雪面のコンディションを経験して更なるスキー技術向上の必要性を痛感しました。
 
 

 
プリンタ用画面
前
3/18 オサンババ
カテゴリートップ
報告H23.4.1-H24.3.31
次
3/4 野伏ヶ岳

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project