INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H24.4.1-H25.3.31  >  5/4-6 蓮華温泉〜朝日岳

 

            山 行 報 告 書     

山 名
蓮華温泉〜朝日岳(2418m)
山行日時
2012年 5月4 〜6日      
参加者
磯山
5/4    天気  晴れたり曇ったり 夕刻より風雨
8:30     栂池(ゴンドラ乗り場)      9:10
9:45    栂池自然園 (1820m)      10:00 発     
  10:50     天狗原 (2200m)       11:00 発      
  11:50     乗鞍岳 (2456m)       12:00 発
   13:00    蓮華温泉 (1470m)        
 
 栂池までの道中、雨が降ったり止んだりの不順な天候。 栂池は曇り空ながら雨は降っていない。ゴンドラとロープウエイを乗り継ぎ栂池自然園へ、するとガスの上に出て晴れ間が覗き白馬の稜線は望めないが目指す天狗原、乗鞍岳は見え隠れしている。 多くの(昨年よりは少ない)
登山者に混じり天狗原へ、ここまで登ると風が出てくる。雲は多いが時間も早いので予定通り天狗の庭経由で行く事とし、更に乗鞍岳へと登る。大ケルンの山頂は誰もおらず、ゆっくりと昼寝でもしたいところだが空模様があやしい、雨粒がぽつぽつと落ちはじめる。シールを外し滑降準備を整える。昨年は山頂の少し下から雪が大池まで続いていたが、今日は夏道を大池のほとりまで降りないとスキーが使えない。大雪の今年だが、最近の高温と雨で溶けるのも速いようだ。
雪原の大池を横切り天狗の庭へと向かう。その後、小雨程度で収まった中、急斜面を滑り降り蓮華温泉ロッジに到着。露天の仙気の湯などで夕刻まで過ごす。夕刻より風雨が強まる。
 
         
5/5    天気  晴れ後曇り 風強し
    6:15   蓮華温泉(1470m)   発
   6:40   瀬戸川 橋(1150m)
   7:40      カエル岩(1530m)
   9:30      カール入り口(2000m)
    10:45      朝日岳(2418m)          11:05 発
  12:00      瀬戸川
  13:45      蓮華温泉
            往路 4時間30分    復路 2時間40分
 
 危ぶまれた天候は、雪倉 朝日などのピークは雲に隠れているが青空が広がりまずまずのようだ。 但し風が強い。蓮華温泉に宿泊の登山者はほとんどが雪倉を目指す。朝日に向かう人は少ない。そのような中一番で出発、兵馬ノ平に滑り降りると、テント泊の4人パーティを追い越す。
朝日に行くとのこと。兵馬ノ平から瀬戸川へは、急峻な沢を200mほど降りるが帰りの事を思うと気が重い。瀬戸川に架かる橋を渡り、白高地沢右岸を夏道のテープに導かれて進むが夏道を左岸に分けるとテープは一切無い。しかし、カエル岩は絶対見落とす事がない目印だ。白高地沢が雪で埋まる標高1600m付近で沢に降り高見を目指す。白高地沢はまっすぐ朝日岳山頂に突き上げているが、1800m付近より右側の五輪山との鞍部に続く斜面から、朝日岳東面のカールへと入って行く。カールの急斜面を稜線目指し登る。稜線上は一層強く風が吹き付ける。
一登りで平坦な朝日岳山頂に到着。すばらしい展望をカメラに納め、木立の風下でシールを剥がす。しばしの休憩後、お楽しみの滑降。強い日差しに雪が緩み滑りは重い。しかし、こんなすばらしいシチェーションの中を滑れることに感謝、贅沢は言えない。景色を楽しみながらゆっくりと降りたつもりだが、瞬く間に瀬戸川に降り着く。再びシールを貼り、急斜面に取り付く。兵馬ノ平から蓮華温泉へ、1時間以上登って終了と、何時もと違うパターンにかなりヘロヘロ。
蓮華温泉に戻ってみると、雪倉組もまだ、誰も戻っていない。帰りも一番でした。
そして、かなしいニュースも、朝から白馬方面でヘリが飛び交っていましたが、三国境付近で6名の方がお亡くなりになったと、小屋の方から知らされました。
昨日と同様、温泉などで夕刻まで過ごす。
 
 
5/6    天気   晴れ 後 荒れ模様 (雨、あられ、雷)
  6:40   蓮華温泉    
  9:20      天狗原          9:30  
  10:00      栂の森ゴンドラ乗り場
  10:30      栂池
 
 今日も夜明けから雷鳴と共に通り雨、朝食時は青空が広がると言う変わりやすい空模様。
どのコースを帰ろうかと思案しましたが、振り子沢を登り返し、天狗原で天候と気分で判断する事とし、同部屋の3名の方と共に出発。 歩き出す頃に雲が広がりだし、振り子沢中間ぐらいで
雨が時折降り出す。天狗原手前では、雷が鳴り出しあられ混じりの雨が本降りに。
天狗原では正面から強風が吹き付ける。判断の余地は無く、金山沢から猿倉へ下山する1名の方と別れ、3人で栂の森まで誰もいないツアーコースを、いちもんくさに滑り降りる。 荒天のため営業を休止するというゴンドラに飛び乗り下界へ。
 朝日岳をゲット、温泉三昧で充実した3日間でした。 
 

 

 5/4

  天狗原より乗鞍岳

  

 

  船越の頭、小蓮華山 方面

  

 

  仙気の湯

  

 

  5/5

  瀬戸川に架かる橋

  

  

  水芭蕉 

  

 

  カエル岩

  

 

  白馬乗鞍、小蓮華山 方面

  

 

  朝日岳カール

  

 

  山頂より 雪倉岳、白馬岳

  

 

  左 黒負山  右 五輪山

  

 

  帰ってきました 蓮華温泉

  

 

  ロッジより朝日岳

  

プリンタ用画面
前
5/13横山岳報告書
カテゴリートップ
報告H24.4.1-H25.3.31
次
4/29 鎌ヶ岳

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project