INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  山行報告  >  報告H29.4.1-H30.3.31  >  H29.12.10 八曽読図山行 磯山
犬山山岳会 山行報告書
例会山行
企画者:
磯山
山名
八曽山
 
読図山行
山行期間
H29.12.10(日)
天候
晴れ
メンバー
磯山、飯田、伊藤健、可児、佐々木、清水、玉置、中森、
西澤、林延、林佐、三浦
行動報告
 
7:30 亀割駐車場 (P)
8:10  岩見山 (A) 
9:05     八曽キャンプ場 (B)
10:40~11:00   八曽山(黒平山)(C)
11:30   山伏の滝 (D)
12:00   山の神 (E)
12:20   亀割駐車場 (P)
 
※ スタート地点 亀割駐車場(P)、から岩見山(A)〜 八曽キャンプ場(B)〜
八曽山(C)〜 山伏の滝(D)〜 山の神(E)〜 亀割駐車場に戻る周回コース。
※ 最終区間の他はそれぞれ2ルートを指定し、参加メンバーが任意のルートを選択し、
次地点で合流、これを山の神(E)まで4回繰り返す。
※ 分岐点、合流地点、ピーク等、特徴的な地点で現在位置を地図上で確認。又、コンパスの使用法を実地で確認。
※ 八曽山周辺は地図上に表記されていない遊歩道が多数あります、表記されていても廃道、又はそれに近い荒れたルート、道筋がずれているルート等もあり注意が必要。
※ 八曽キャンプ場から県境に向かう尾根上で、数頭の猪がメンバー間を猛然と駆け抜ける
と言うアクシデントがありましたが、事なきを得ました。

※ 好天に恵まれた中で、参加者各自の読図力を確認、向上できたかと思います。 

亀割駐車場からいよいよ出発ですが早くも最初の進行方向が割れて居ます!今後の行先大丈夫?

八曽キャンプ場から沢を遡行したが滝に行方を遮られ強引に激急尾根にアタックし八曽山到達組。

八曽山南東の300mⅭポイントで標識も何もないのでⅭポーズ此処は全く道は無くヤブヤブのルート

両チームが八曽山集合して今後のルートを打ち合わせて居ます。此処からは滝まで下って

沢を遡上組と山を少し登ってから沢を下る組です。

尾根を登り県境から来た組は猪ファミリーらしき一団にグループの中を突き抜けられたとか

正に猪突猛進激突しなく良かったですね。

滝へ下る組は順調に山伏の滝に到着。滝の右の急登を越え沢を遡上します。

漸くほぼ地図読みのルートを終え【山の神】に到着、無時に帰れたのは山の神のおかげ?

午後からは会の忘年会が設定されて居ます忘年会から参加のメンバーも加わり賑やかです。

地図読みは苦手だったけど此方はは大丈夫(^◇^)任せといてね!

此方の鍋の中身は蟹ですね、今日は皆さんノンアルコールで健全忘年会。

網の上には〇〇牛・大アサリ・栄螺・ムール貝・他野菜も沢山。

高気圧が東に去っても昼過ぎまで青空が見えました南から暖かい空気が入って此の時期と

しては比較的暖かく野外の忘年会も気になりませんでした

 亀割駐車場から2グループに分かれ岩見山・八曽山・八曽キャンプ場で集合で別ルートを歩きました。

プリンタ用画面
前
H29.12.16 乗鞍岳 山スキー 西澤
カテゴリートップ
報告H29.4.1-H30.3.31
次
H29.12.03 位牌岳~愛鷹山 林延

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project