INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧
  • カテゴリ いそっちからの山便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メンバーズBlog - おバカ山行 笠ヶ岳日帰り

おバカ山行 笠ヶ岳日帰り

カテゴリ : 
いそっちからの山便り
執筆 : 
isoyama 2011-8-17 20:01

山   名    笠ヶ岳 (2898m)

          中尾高原口 〜 クリヤ谷 〜 笠ヶ岳 〜 鏡平 〜 ワサビ平 〜 中尾高原口

山行日時    2011 ・8・16       天気  下界 晴れ  2400m以上ガス

メンバー     単独

コースタイム   中尾高原口(3:05) 〜 雷鳥岩(5:30 ~ 40) 〜 笠ヶ岳(8:00 ~ 10) 〜 秩父平(9:50) 〜 

          鏡平(11:40 ~ 45) 〜 ワサビ平(13:25 ~ 35)  〜 中尾高原口(15:15)

          行動時間  12時間10分 (休憩含む)

 

           笠ヶ岳の日帰り登山は、笠新道をピストンやクリヤ谷への周回コースがネット上に多く紹介されて                  

         いる。そんな中で 鏡平〜笠ヶ岳〜槍見温泉 の報告も2,3見られる。ならば、逆コース時計回りで 

         周回するプランにトライしました。 

           前日深夜に中尾高原口駐車場に到着。2時間半程の仮眠、ヘッデン頼りに歩き出す。クリヤ谷は

         先月、錫杖岳の山行で錫杖沢出合までトレースしており、暗闇でも問題なし。その先も沢添いに登る

         が、渡渉や沢中ではしっかり確認しないとルートを見失いそうになる。クリヤ谷は下部は岩や木の根

         がゴツゴツと出っ張ている。上部は昨日の雨で濡れた笹などが登山道に被さっていたりして、滑りや 

         すく早歩きは出来ない。夜が明け、後ろを振り返ると焼岳や穂高連峰が望まれるが稜線はガスの中。

         雷鳥岩到着後ガスに包まれ一瞬の晴れ間を除き小池新道を下るまでほとんどガスの中を歩く事とな

         る。

  クリヤ谷最後の水場

   

         クリヤノ頭付近より錫杖岳

   

       約3時間30分で雷鳥岩(下の写真 左端途切れた岩)

 

         雷鳥岩から笠までの間で行き違った登山者数名。

 笠ヶ岳山頂直下で出会った雷鳥くん

  

 ガスに包まれた誰もいない山頂

  

        全く展望も無く、先が長いので早々に抜戸岳に向かう。 弓折岳までの稜線は晴れていれば

       すばらしい稜線歩きを楽しめるが、今日は坦々と進むのみ。そんな中でガスが晴れた一瞬。

  杓子平

  

  秩父平と大ノマ岳の稜線

   

  双六南峰

  

        この稜線、笠へ向かう登山者は以外と多い。

  最後のピーク弓折岳  弓ならぬ標識が折れていました。

  

          弓折乗越からの小池新道は登山者が絶えることなく列をなしていました。クリヤ谷の静粛が

         懐かしく感じられました。

  鏡平 逆さ槍じゃなく逆さ樹のみ

  

  左又林道まで降りてきました。 小池新道を振り返る。

  

          この後辛い林道歩き。新穂高よりさらに辛い車道歩き、最後は足を引きずりながら

        中尾高原口の駐車場にたどり着く。12時間のおバカな日帰り山行でした。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/114
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project