INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧
  • カテゴリ あんな山こんな山 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メンバーズBlog - 走れ!歩け!登れ!50キロ

走れ!歩け!登れ!50キロ

カテゴリ : 
あんな山こんな山
執筆 : 
 2012-7-17 16:39

東海自然歩道(岩屋堂〜内津峠峠)30キロ
2012年7月8日(日)

さすがに21キロ初ランの翌日に登山道30キロは達成できんかった
っつーか、仲間についていけんかった(^_^;)

今年の秋についにフルマラソンエントリーしてしまった( ̄_ ̄ i)
ノリと言うかチャンスと言うか、そういう流れを感じたので走ることにした。

山の体力強化のために始めたランニング
10キロの犬山シティマラソンには2回出場
でも、けっして早くない(遅いほう)
でも、でもな、走り出したからにはいつかは出てみたいフルマラソン(人生1回でええから)
ちょうど大阪の岩仲間がウチの生まれ育った地元の淀川を走るマラソンに
エントリーするってことで背中を押された形で参加することにした。

親の背中を見てきたウチにとって、今度はウチの背中を見て欲しいってのもある。
(あぁ…こんなこと書いて、完走できんかったらどうしよー(-_-;)

まぁ、三ヶ月で走れるフルマソンなんて教本もあるぐらいやからできるかもしれん。
まずは、6月中に20キロ走ってみる!と目標をたてたものの
雨、暑い、朝から家事弁当忙しい、めんどくさい、オンナの事情などなど
理由と言い訳をつけては練習をサボる
だって、走るの好きじゃないもん。

それが、すっぽりと予定があいた土曜日に意を徹して走ることにした。


だって、雨があがっちゃったし、宣言したし、オンナの事情の前にノルマをこなしておきたかったんやもん

家⇒すいとぴあ⇒犬山緑地⇒Uターン⇒すいとぴあ⇒ゆずり合い橋⇒川島グランド⇒ゆずり合い橋⇒蘇南グランド⇒藤里小前のサークルK

21キロで2時間半
くたびれたー(;´ω`)
サークルKについたらアイスを買う!
最後の数キロはそれしか頭になかったな

で、二個も買っちゃった。

めっちゃ疲れたけど17キロまでは前回走れたから翌日は筋肉痛にもならんかった。


で、翌日は東海自然歩道の山道を歩く
なんぼカラダをイジメるねんっつーの!

それでも、最近は鉄剤を飲み始めたからヘモグロビン頑張ってくれよ!
人間ドックの結果で年々、貧血度が増してきているのだ( ̄_ ̄ i)
最近、山でバテるのは貧血のせいやと思うねん。(と、昨日までそう思ってた)

21キロ走って、翌日に響かないようにしっかりアイシングして
夜は相変らずやらなきゃいけないこと、やりたいことが多すぎて宵っ張り
それでも、自分が遊びたいからやることだけは済ましていく。

長い長い一日の始まり
岩屋堂から歩き始める
最初の30分がえらい
汗がボッタボタでる。

それにしても蒸し暑い(;´Д`)カキ氷が食べたいとブーブー言ってたら
Iサンがマンゴージュースの凍らせたものを担いできてくれてはった。
程よく融けててシャリシャリ氷になってて最高にキーーーーーーン(ノ´▽`)ノ

鋭気をやしなったところで再度ガンバ!
んがっ、暑くて足もダルくなってきた。


いつもパワーのあるRちゃんも顔を真っ赤にしてバテてる
人が先にバテると元気が出るっちゅーもんやね( ̄∀ ̄)


Rちゃんは頭も痛いって言ってるし、熱中症か?
いつも、こんなに顔が赤くはならないはず

 

後からヒョッコラヒョッコラ付いてくるNサンを先に行かせ、
Rちゃんと並んでゆっくり歩くことにした。
なんでかっつーと、しんどいときに後に付かれるとけっこうなストレスとなる
(ウチの場合は自分でなんとかするからある程度まではほっといて欲しい)

ボチボチ二人で「しんどいね〜」と言いながら足を進めていくと、
みんなが峠で休憩していた。
Rちゃん、バタンキューっ(;´ω`)

Iサンに「この子、熱中症かもよ」とRちゃんに聞こえないように耳打ちする。
聞こえへんようにっつーのは、ほんまはどうであれ聞いてしまうと暗示にかかるからね。


頭から冷やされ、ほぼ空身になって、ストックも借りたRちゃんは回復したものの
実は、ウチもバテバテ
大して水分もとってないのに、なんぼでも汗がでる。
登りで引き離され、下りで追いつく状態や
ウヒーーーっ
なんか理由つけてやめたろ!と念仏を唱えるがごとくブツブツと思考をめぐらす。
トイレないし、腰もシクシク痛くなってきたし、昨日は21キロも走ったし、眠いし
穂高は行かへんし、みんな、同じペースでがんばってんのに足引っ張りたくないし…

ひとやま越えて峠の林道で休止
ここから林道を下りたらどこに出るか、GPSチェック
フムフムなんとかなるな。
「もうリタイア」と言えばいいのだ!とタイミングを計っているうちに再出発
ブヒーーーーーーーーっ

しゃーないか、行くべ・・・と憂鬱な登りを目の前にして
リタイアを諦めボチボチと歩き始める。

いや、ここで言わないと次はない!とメンバーに「ウチはもう降りるわ」と言うが みんな無視
ええええええーーーーー????
リーダーのIサンはもっと前を歩いていて聞こえやしない(-_-;)
ちっ
腹をきめて歩き出す。
林道のゆるい登りでも遅れ始める。
そんなとき、Tさんが待っててくれて「荷物を持とうか?」なんてうれしいことを言ってくれる。
ああああ
ウチにとって聞きなれない優しいお言葉( ̄▽ ̄;)

で、ウチの口をついて出た言葉は「もうリタイヤします」

ほっといてくれたら遅れてでもブツブツ文句言いながら歩くけど、
 

「荷物持ってあげるよ」

なんて優しくされたもんやから、

心折れてしもて途中リタイア。


自分の性格が我ながら納得できるシーンでした。


GPSと金と電話とまだ歩ける足があるし、なんとかなるような気がしたから
「車が通ればヒッチハイクするし、県道に出ればバスもあるやろし、なんとでもなるから大丈夫」
と仲間と別れ、残りの距離数と同じぐらいの長ーーーーい距離の林道を歩いてひとり
トボトボ下山するつもりが、歩き始めて5分もたたない内に予想通り車が通り乗せてもらっちゃった(o^-')b

あっと言う間に高蔵寺の駅につき、到着したことをIサンにTELすると
あまりの早さにビックラこいてた。
こっそりとコンビニで白くまアイスを買う(何にも食べてないってウソ言ってゴメンネ)
JRで多治見へ行き日陰の芝の上でゴロリとみんなが向かえにきてくれるまで爆睡( ̄o ̄)Zzzz

で、毎回、反省しては繰り返すバテバテの悪の根源について
次回の山行でも反省しきり・・・なのです⇒次のブログへ続く

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/177
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project