INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧
  • カテゴリ いとしのリエー の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メンバーズBlog - どっきどきの穂高縦走

どっきどきの穂高縦走

カテゴリ : 
いとしのリエー
執筆 : 
r.hayasi 2012-9-20 21:47

【山名】  西穂高岳(2909m)〜奥穂高岳(3190m)〜北穂高岳(3106m)〜南岳小屋

【山行日時】2012年7月20()22()
【山行記録】
1日目 8:30 始発ロープウエイ〜 9:00西穂高口〜 9:55 西穂山荘〜 11:20西穂独標〜
12:50西穂高岳〜 間ノ岳〜 16:00天狗のコル(テント泊)
2日目 6:05天狗のコル〜 8:00ジャンダルム〜 9:40奥穂高岳〜 13:20北穂高岳
(テント泊)
3日目 5:55北穂テン場〜 6:10/6:30北穂山荘〜 10:05南岳小屋〜12:55槍平小屋〜
  16:10新穂高温泉
 
この夏の目標は奥穂高岳と決めてから一年。ついにこの日がやってきました。ワクワクというよりはかなりドキドキ緊張・・・というか若干ビビってのスタート。
           
始発のロープウエイにて一気に西穂高口へ。ここからがホントのスタート。
ドキドキが高鳴る中、西穂山荘に着く頃に雨がぁぁぁ〜〜〜(>_<)
この計画のために雨天決行と言って取り組んでいた訓練では全部天気予報に反し晴れだったのに、なんで本番が雨なの(>_<)
         
 
西穂高岳からは登山者もいなくなり、私たちのパーティーだけとなった。
「安全かつ慎重」が今回の私のテーマ?!でありこれがずっと今回の山行の中で頭の中を駆け巡る。途中なんでこんな怖いとこに来てしまったんだろう〜と思うこともあったけど、だんだんと楽しくもなる。それでも、とにかく安全に・・・安全に!!
 
         
一日目のテント場の天狗のコルが近づくにつれ時折ガスが切れ、遠くには槍がみえる。
ここまで来る途中にもいくつかの危険箇所があったけど、天狗ノ頭の逆層スラブが雨に濡れとにかく怖かった。
           
 
       
避難小屋後にテントを張り、宴会&夕食。
      
 
明日は晴れるかな・・・
 
 
残念ながら今日も雨。気が抜けない2日目のスタート。ジャンに馬の背にドキドキの連続です。
    ジャンをバックにハイポーズ!!
 ジャンダルム登頂!!
 
「あれがジャンだよ〜」と教えてもらうが・・・「あれ〜?なんか全然カッコよくない(>_<)」西穂側のジャンは迫力にかける。内心雨で視界も悪いし、登らなくてもいいや〜なんてちょっと思っちゃったりもしてたんだけど、やっぱり登ってよかった。きっと登ってなかったら後悔しただろうな〜
 
 馬の背
 
 奥穂高岳到着
 
稜線をずっと来たため奥穂に登ったという感覚は正直薄かった。
次なる目標は北穂高小屋のラーメン。お腹が空いてきた私たちはラーメンを楽しみに北穂を目指したけど、着いてガッカリ。食事は1時までだったらしく30分間に合わなかった。疲れも見え始め2日目は北穂でストップした。
 
 
明日こそは晴れるかな〜と願いつつ夢の中へ。てるてる坊主ちゃんに願いを込めて☆
 
3日目の朝。願いも悲しく雨の中のスタート。この日は小雨だった。雨にも関わらず、大キレットを通る人は結構いた。
どこを通っても慎重に慎重に・・・
 
 
 
行けることなら槍ヶ岳を目指す計画ではあったが、景色も悪く南岳小屋まで行き下山することに決めた。難しいルートは終了したが、駐車場までは油断は禁物。雪渓トラバースは雪切りがしてあったがドキドキだった。
 
この穂高縦走は緊張ドキドキの連続だった。天気には恵まれなかったが、風がなかったのはよかった。晴れた景色も見たいけど、怖さも感じるため、ガスってて周りが見えなかったのはよかった??のかも・・・
 
 一緒に行ってくれたメンバーに感謝です(^−^)☆
 
 
 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/190
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project