INFORMATION
↓クリックしてね↓
人気ブログランキングへ
■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧
  • カテゴリ いそっちからの山便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メンバーズBlog - 乗鞍周辺 パウダー三昧

乗鞍周辺 パウダー三昧

カテゴリ : 
いそっちからの山便り
執筆 : 
isoyama 2011-1-3 18:51

山  名   乗鞍、十石山、猫岳

メンバー   Katou  ,  Isoyama

12/29  乗鞍 (乗鞍高原ツアーコース位ヶ原まで)  天候 風雪

        リフト始発でスタートするが三本滝上のリフトは除雪のため30分以上営業開始出来ないとのこと。

        ゲレンデからラッセルで登行開始。ゲレンデトップからもトレースは無く、二人でひたすらラッセル。

       4時間余りで位ヶ原に到達するも、風雪厳しく撤退。頑張った分、パウダーを堪能、これが激パウか?

 

     リフト終点よりツアーコースを望む、トレースは無く厳しいラッセルの始まり

 

ツアーコースを黙々とラッセル、後方より単独行の方が2名。

 

位ヶ原より風雪の中 パウダーラン これが激パウか

 

12/30   十石山     天気  曇りのち雪

        白骨温泉より十石東尾根を山頂へ。 入山者はいないと思っていたが、先行者が1人トレースを

        残していた。1800mまで続く急登おおいに助けられました。2100m付近で先行者に追いつき

        ラッセルのお礼をし、3人で交代しながら登る。しかし、この埼玉の方はすこぶるタフだった。これ以降も

        半分以上は先頭でラッセルして頂いた。 樹林帯を抜けると今日も風は有り、山頂直下で単独行の方と

        別れ、避難小屋の影でシールを剥がし滑降に。今日もパウダー、特に1800mからの唐松林の急斜面

        は最高でした。登り下り7時間の激闘でした。

 1800m付近の大ダケカンバ

 

十石東尾根 2000m付近のラッセル

 

避難小屋にて

 

尾根上部の滑降

 

下部、唐松林を快適に滑る。

 

12/31  猫岳     天気 晴れ後雪

       平湯トンネル手前のゲートを夜明けと同時にスタート。見える限り、晴れ渡り月が輝く。

       平湯峠までは前日のトレースが残されていたが、スカイラインのゲートは雪に埋まりその先には

       トレースはない。夫婦松まではスカイラインを忠実に辿り、それ以降は猫の小屋跡までスカイラインを

       ショートカット、樹氷の森に分け入る。猫の小屋跡のスカイラインからは晴れ間に目指す猫岳が望まれる

       取り付きの急斜面を登るに従いすばらしい樹氷が現れ疲れが癒される。大崩山との鞍部から無木立の      

       斜面を一登りで猫岳山頂。この頃にはガスに覆われ視界はない。長居は無用、写真を撮り早々に、

       今日もパウダーを頂く事とする。が、スカイラインは登りのトレースをただレールに乗るように滑るのみ。

       6時間以上掛けてラッセルした登り、下りは1時間とかからない。スキー万歳!!

 

雪に埋もれた平湯峠 スカイラインのゲート

 

夫婦松から樹氷の森の中をラッセル

 

猫の小屋跡 スカイラインより猫岳を望む (右のピーク)

 

猫岳直下の樹氷

 

猫岳山頂にて

 

 

猫岳直下を滑る

 

猫の小屋付近の樹間を滑る

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/69
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project