INFORMATION
↓クリックしてね↓

 


 

■ ブログカテゴリ
検索
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ブログカテゴリ
ブロガー一覧

メンバーズBlog - 【5】ドーーーン!キターーー!>槍ヶ岳

【5】ドーーーン!キターーー!>槍ヶ岳

カテゴリ : 
あんな山こんな山
執筆 : 
 2011-10-28 10:08

【5】ドーーーン!キターーー!>槍ヶ岳

「あの岩陰を曲がれば登りはオワリか?」と願いつつ騙される
「キィィィーーーーーーっ!!!!(>_<)」



いよいよ最後の分岐道標が見え始めた

きた!きた!キターーーーーーーーーーー!!!



目の前に常念岳がドーーーーーン
左には槍ヶ岳がドーーーーーーン
右には穂高連峰がドーーーーーン





初めて、来てよかったと思えた瞬間やった





さて、あとひとふんばりかと思ったらスグ横がテン場
その隙間からI井さんが迎えにきた。




これは、けっこうウレシイ!

「ザック持ったろか?」とのお言葉を丁重にお断りし( ̄∀ ̄)
自分の足で槍ヶ岳山荘まで到着




■ 14:40 槍ヶ岳山荘 着


ほぼイメージ時間ピッタリに遂行できた(o^-')b
休憩も多くて長かったわりには予定よりちょっとだけショートできたのは
自分へのご褒美タイムやな


で、前の3人は何時に着いたか?
Rちゃんは「私たちは14時に着きました!」と鼻を膨らませて言う。


「べっつにぃーーー」ふんっ!( ̄∀ ̄)
そんなの他人(リーダー)が遂行した結果論やもん
ウチは自分の中の読み通りに着いただけで満足
↑やっぱり負けず嫌いのウチ



まだ槍の穂先にはたくさんの人が張り付いている。

この時期、涸沢なんかはホンモノの紅葉よりも
テントが橙、緑、黄、赤と紅葉してるんだろうなぁ

混雑の中を登ってくるよりも、槍ヶ岳への裏道は静かなもんでした。





■------------------------------------------------>つづく【6】


【0】下ノ廊下に行けなかった
【1】透視できますか?
【2】予想通り>下ノ廊下→槍ヶ岳
【3】上を向いて歩けばいいのだ
【4】小槍の上で踊ってる
【5】ドーーーン!キターーー!
【6】欲張りな山
【7】このウチが高山病
【8】長い夜(泣
【9】黒幕復活
【10】贅沢な穴場ルート
【11】青天風呂
【12】己を知れ

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inuyamasangakukai.com/modules/d3blog/tb.php/143
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project